日本語

父からピアノを習うように勧められた8歳の頃から音楽に非常に関心を持ち出したトマゾは、11歳よりドラム演奏を開始する。 少年時代に地元のプロドラマー2人からレッスンを受けた事がきっかけとなり、16歳で音楽の世界に真剣に身を置く事を決意し、1996 年ドラマーズコレクティブ(Drummers Collective) に参加する為ニューヨークへ旅立つ。 1997年、トマゾはマンハッタンにあるニュースクール大学(New School University)から奨学金を受け取り、そ の4年後音楽演奏において美術学士号を得る。ニューヨーク在住中にはRicie Beirach, Michael Carvin, Joe Chambers, Jimmy Cobb, Bob Cranshaw, Billy Hart, Victor Lewis, Portinho, Jorge Rossy, Bill Stewart, Reggie Workmanなどの世界的に有名なジャズミュージシャンから学ぶ機会 にも恵まれた。

ARTISTIC EXPERIENCES: イタリア人のドラマーで作曲家でもあるトマゾカペラトは、様々な音楽シーンでアーティス トとしての足跡を残すために常に励み続けている。深い好奇心や継続的な研究心から、彼は今までにたくさんの国に足を運び、知 識をさらに深めその地の素晴らしいミュージシャン達と演奏を重ねてきた。 9年間在住したニューヨークでは、ピアニストEhud Asherie、ベーシスト Joseph Leporeと共に、Rainbow Roomで週6日の演奏を2年間続け、ビブラホン奏者のBill WareとベーシストBrad Jonesのグループ、Vibes Trioに参加する。2004年、ブルックリンに拠点を置くYah Supremeと共に結成したヒップホップバンド、Brohemianで彼はドラマーの他にプロデューサーとしても活躍する。 2005年、アフリカ、セネガルにてギニアのパーカッショニストでシンガーのSalif Bangouraとレコーディングを行い、2008 年には日本とオーストラリアでツアーを行う。2010年にはMichael Blake, Peter Scherr, Teddy KumpelがメンバーのTectonic Quartetで中国、香港ツアーを行う。

2009年にはMichael Blake, Giovanni Guidi, Joe Rehmerをメンバーに迎え、シングルレコード盤“The Knight”を、そしてフルスタジオアルバム版”OPEN"をレーベル Elefante Rossoよりリリースする。
現在活動中のプロジェクトはDon Byron, Fabrizio Puglisiとのトリオ、そしてFrancesco Bigoni, Michele Polgaのダブルサックス、ベースにDanilo Gallo のカルテットNESSO G。ギタリストDomenico Caliri,ハモンド Emiliano PintoriとのDionysiac Hammond Trio。若手天才ピアニストのAlessandro Lanzoni, ベーシストGabriele EvangelistaとのトリオH.A.T。

共演者(演奏とレコーディング):Tim Armacost, Omer Avital, Peter Bernstein, Michael Blake, Robert Bonisolo, Fabrizio Bosso, George Cables, Carol C (Si-Se’), Mark De Clive-Lowe, Antonio Farao‘, Joel Frahm, Aaron Goldberg, Steve Grossman, Debbie Harry (Blondie), Jon Hendricks, The Jazz Passengers, Lionel Loueke, Junior Mance, Ronnie Mathews, Ron McClure, Dado Moroni, Butch Morris, Dj Nickodemus, Enrico Pieranunzi, Marc Ribot, Kurt Rosenwinkel, Pietro Tonolo, Harry Whitaker, Richard Wyands.

No comments:

Post a Comment